お問い合わせ

0846-45-2548

ワエらんとこにきんさい

このタイトル

広島県人にしか通じんかもね

ワエ祭り

7月31日(日)

広島のとある団地にある

RIAN-OASISリアンオアシスで

「ワエ祭り」開催です✨

ココ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

いい大人たちが集まって

本気で子どもたちを喜ばせに行きます!!

いや、遊んでもらいに行くのかも(笑)

なんでこんなことをするのか、したいのか

それはとてもシンプルなこと

人喜ばせ合戦

たしかオリラジの中田敦彦さんが

自信のチャンネル「YouTube大学」

この中で言ってた言葉

自分勝手に生きてた

若かりし日のワエに聞かせてやりたい

誰にでも喜ばせたい相手がいますよね

その相手を喜ばせることができた時

喜んだ相手も幸せな気持ちですが

それ以上に幸せな気持ちにもなれます

例えば大切な人へのプレゼントで

相手がすごく喜んでくれた時

誰かの助けになれた時もそうです

電車で椅子を譲ったり

そんな身近な些細なことでも

嬉しいと感じたり、感謝したり

現実はどうじゃろ

けしてそんなきれいごとばかりじゃないよね

「人喜ばせ合戦」って言葉に

いいなと思うのも

そうじゃないことが多いからじゃろ

思ったほど喜んでくれずに

「せっかくしてやったのに」とか

「誰のために」

「かわいがってやってるのに意見しやがって」

「感謝が足りない」

「言うこと聞かない」

こうした感情も

喜ばせたいの裏側に潜んどる

商売しててもたくさんあります

たいていの商売人は

「お客様のため」

「みんなを喜ばせたい」

私もそう言いますし

実際そう思ってます

でも実際取引先の業者さんに

無理させることもあれば

お客さんの要望に応えきれないことも

多々あると思います、、

ならどうするん

それよね、、

出会うみんなを喜ばす

いやいや、誰も神様じゃないんだし

だれもそんな力はないけん

ほんと身近な人か

商売だったら自分の店のファンしか

喜ばすことは無理かも

でもそのファンのお客様が

どうすれば本当に喜んでくれるかは

これからも考え続けんといけんと思う

してやったとか押し売りな気持ちじゃ

誰にも想いは伝わらんけんね

いいことしたからって

喜んでもらえるとは限らんです

だからこそワエ祭り

子どもは素直じゃけんね

そこにはしがらみもなければ

忖度もない

見知らぬ子どもたちを

本気で喜ばそうと思ったら

少々バカになるくらいの覚悟で

喜ばせ合戦しに行きます✨

この祭りのPVに参加してくれた二人

すでに大喜びで協力してくれました(笑)

https://instagram.com/stories/oourasengyoten/2868358890222621470?utm_source=ig_story_item_share&igshid=YmMyMTA2M2Y=

ありがとー-!!

子どもの笑顔は

幸せな気持ちにさせてくれます✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ページトップボタン