お問い合わせ

0846-45-2548

瀬戸内の春もそろそろ終わります

鰆の卵

春の魚サワラは
魚へんに春で「鰆」

瀬戸内の春を代表する魚です

産卵のため春になると瀬戸内に
入ってきます

なので腹には
真子や白子が入ってます!

産卵前はしっかり食べて
栄養をつけていくので
よく肥えて美味しいです

しかし子が大きくなるにつれ
身が痩せていきます

産卵を終えたころには
身も脂が抜けて痩せてしまい
鰆のシーズンも終わりですね

子が値打ち

今日のサワラは真子でしたね

見ての通りに鰆の子は
太い血管でおおわれています

けっこうグロいですよね

でもこの味を知っていれば
グロいなんて思いません

よだれがでてきます

でもこの血管の血を
しっかり抜いてやらねば
ごちそうにありつけませんよ

血抜きがけっこう面倒なんよね

縦に通ってる大きな血管に穴を開け
そこへ丁寧に毛細血管の血を
集めていき流し出します

右が処理前で左が処理後です

ここまでやればまあいいでしょう
右のまま煮てしまうと
血生臭さが残ります

明日の料理の仕込みに
生姜を入れて煮ましたが
肝心な煮てるところの
写真を撮り忘れてました、、

冷めた後は
袋に入れて保管するのがおすすめですね

少しの出汁で汁で
保存できますから

この味を楽しめるのも
あとわずかになりました

大浦鮮魚店

瀬戸内の小さな港町安芸津町で
地物の食材を活かした料理を創造するお店
日々のお惣菜やお弁当から
特別な日の仕出し料理を
毎日手作りでお届けしています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ページトップボタン