お問い合わせ

0846-45-2548

魚の消費量は減っても魚好きは減ってない

魚を食べなくなっている⁈

海に囲まれた島国の日本

日本中どこに行っても

新鮮な海の幸にありつけますよね

しかし魚の消費量は減り続けています

水産白書によると一人当たり23.4kの消費量

この10年で6割弱も減少してます

ここまで減っているとは、、

魚屋としてそこに何もできてない

ふがいなさを感じずにはいられません

実際うちの店での鮮魚の販売量も

同じくらい減少してますから

金子大臣呼びかけありがとうございます

しかし、まあ皆さんも。。って

他人ごとなのか

あきらめなのか

こっちもため息がもれそうです、、

それとも大臣は魚嫌いかなww

なんでこんなに減ってるの?

私にとっては他人ごとではない

死活問題です!

しかしなんでじゃろうね

人口が減りつつあるから?

そんなに減ってないよね

マンションだから焼き魚は煙が出るから無理

たしかによく聞きます

魚が嫌いな人が増えてる?

そんなことはない!

生臭いのが嫌いってのはわかるけど

いい魚をちゃんと処理すれば生臭くなんかないから!

魚が獲れなくなってるから?

これもあるね

そのせいで実際に手に入りにくい魚も増えてます

値段が高い!

これは大きな要因ですね

イワシ、アジ、サバ、サンマなど

昔はすごく安かったけど

今は大衆魚とは言えなくなってきてます

しかも所得は上がってないのだから

まあ食べてくださいよとは言いにくいね、、

他にも考えられる要因に

扱いがむつかしい

調理が手間って問題がありますね

確かに奮発して買ったあげく

失敗したらどうしよう

毎日扱うわけじゃないから

失敗したらどうしよう

そうした不安に襲われるでしょう

だから外食では食べても

お家では食べない方多いんじゃないかな

それなら魚の難しい目利きや調理の

失敗におびえなくてもいいよね

でもそれではやはりたまにしか食べれない

仮に毎回そうできる経済力があったとしても

それに費やす時間はそんなに作れんよね

やはり魚屋はもっと頑張らんといけん

美味しい魚料理を

簡単に自宅で食べれるように

家の食器にもっと魚料理を盛り付けて

たくさんの人の食生活を豊かにしていくには

我々の役目は小さくないはず

もう一つのキッチン

こうなれたらいいよね

家で温めるだけに仕上げてあげるもよし

家で仕上げるだけに

下ごしらえまで私に任すもよし

慣れた方はお皿持ち込みで

盛り付けまで任せてくれる方もいます

わたしの周りだけでも

魚の消費量を増やせていけるよう

はりきっていきたいと思います!

消費量は減っていても

魚好きまでは減ってないはずだから

「まあ食べてくださいよ」なんて言いません

気持ちを込めて

「美味いけんいっぺん食べてみて!」

大浦鮮魚店

瀬戸内の小さな港町安芸津町で
地物の食材を活かした料理を創造するお店
日々のお惣菜やお弁当から
特別な日の仕出し料理を
毎日手作りでお届けしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ページトップボタン