お問い合わせ

0846-45-2548

海の幸豊富な瀬戸内でも一番人気のネタはこれ

脂の魔力

「脂がのってておいしい」

食レポでよく使われる言葉ですね

実際そうしたものは美味しく感じます

みんな脂が大好き!もちろん私も

天ぷら、唐揚げはもちろんで

肉もそう

大人になって霜降りの肉を食べた時は

今まで食べてたのはなんやと思うくらい

ショックを受けました

脂には人を引き付ける魔力を感じます

魚でその条件を満たしたうえに

しかもリーズナブルなのがサーモン

回転寿司で一番人気のネタになるのも

うなずけます

うちの寿司でも

外せないネタになってます

しかし戦争の影響で価格が上昇してますね

これからも価格が上がり続けると

NO1の座が危ういかもですね、、

最初はげてもの扱い

今では当たり前のように生食してますが

全国的に生食で出回るようになったのは

1990年ごろのようです

そのころ私は18歳

ちょうど大阪の魚屋で働きだした頃です

その魚屋は卸売り専門の魚屋で

大阪市内を中心に京都、滋賀、堺、神戸など

業種もホテル、料亭、居酒屋チェーンなど

様々な場所に魚を納めてました

そのころサーモンは扱ってはいましたが

利用する店はまだ少なく

主に洋食レストランくらいでしたね

だからまだ刺身で食べる感覚は

当時はなかったです

私が初めてサーモンを刺身に切ったのは

それから約3年後の

大浦鮮魚店に入社してからですね

はじめは恐る恐る食べたのを覚えてます

外国から入ってきたような魚を

生で食べて大丈夫なんかいなって思いました

でも食べてみれば美味しいし

鮮度が保たれていて身の状態もいい

ただ30年前の常識では

口にするまでのハードルが高かったですね

お客さんも最初は

気持ち悪がる人が多かったです

今のようにSNSが普及してない時代に

なぜ全国の市場に

広がっていったかというと

当時全国のバイヤーや市場関係者を

ノルウェーの養殖場に招待して

安産性を知ってもらう取り組みをしてたようです

実際私が扱うきっかけになったのが

ノルウェーに招待されて

現地を見てきた市場関係者に

強く勧められたからです

今では海に囲まれた日本で

一番人気の魚といってもいいサーモン

瀬戸内の魚屋としては

あまり声を大にしては言いたくない気持ちも

少なからずありますけど

これはこれで認めるしかないね

一年を通して低い水温の環境を生かした

ノルウェーサーモン

それを水産業者の

知ってもらうために行った努力

戦争下にあっても

日本に届けようとする行動も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ページトップボタン