お問い合わせ

0846-45-2548

新商品「魚屋の漬け丼」から一番のファンが誰なのかわかったよ

呉市にあるレンタルスペース

「KUREP]

ここでコロッケ弁当の販売をしたのが
2020年の8月
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://ameblo.jp/racho-1133/entry-12614958777.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=887282494b4c48149e29606b531450de

ここの代表の浦山さんの協力で
たくさんの方に食べていただきました!

コロッケソースの開発に
協力をいただいた
「ミライノ+」
当時代表の山崎氏も心配して
駆け付けてくれたのを思い出します

そして昨日久しぶりに
KUREPをお借りして
新商品の販売をしました

今回のお披露目販売に
呉にお邪魔したのは
かたづけ課のヒカルと
新入社員のみずほ

「みずほちゃん」または「ミーちゃん」と
気軽に声をかけてくださいね

新商品は
「魚屋の漬け丼」

特製の漬けだれの味が
沁みこんだネタで
おうちで簡単に
魚屋が作るづけ丼を
味わうことができます

というのも
薬味のねぎときざみ海苔にワサビも
一緒に入ってますので
ご飯さえご用意いただければオッケーです

魚屋ですから
ネタにこだわるのは当然ですが
それだけでは普通の魚屋

ネタを少しでも美味しく
味わっていただくために

そしてうま味調味料ではない
そのもののうまみを味わっていただきたい

そのためにづけだれのベースの醤油は
倉橋の醤油

薬味のねぎは
東広島の「サムライねぎ」

きざみ海苔は
瀬戸内産の海苔を刻んでます

今日はつけて三日目の状態で
販売しました
活きのいいカンパチを
漬けにしましたので
これくらいがちょうどいい

好みはあるでしょうが
脂ものってますし
このくらい漬けていいです

実はもっと漬けおいても
美味いんよね

一週間くらいおいておくと
しっかり漬かって
また違う味わいになります

卵黄を落として
なんてたべかたもあるんよね~

KUREPでは限定でイートインも
できましたので
お客さんの感想もいただけました!

なかなかの高評価もいただけて
販売に行った二人もテンション高め

中にはこんな方も
購入して家に持ち帰り
さっそく食べてから
あわてて買い足しに再来店!!


その理由は言うまでもないでしょう

この話を聞いて
思わず93Kの巨体が
宙に浮きそうなくらい嬉しかったです

でも一番嬉しかったのは
ヒカルだろうね

というのも
そもそもこの漬け丼を
商品にしたのは彼だからです

店では時々
刺身の捨てザク(切れはし)
それを集めて漬けにして
昼の賄いにします

私にとっては
簡単なまかない料理だけど
学生の彼にとっては
そうじゃなかった!

こんな美味いもん
食べれるなんて
なんて幸せな職場なんじゃろ

そう言って感動してくれました!

前にも友人に
言われたことがあったけど

ヒカルから
もっとたくさんの人に
食べさせてあげたい!

そう言われて
私のスイッチも入りました

昨年の12月26日に
広島の「KOIPLACE」で販売し

改良を重ねて
今回のKUREPでの販売にいたりました

魚の仕込みは
うちのベテランのやっさんが受け持ち
ポスターとパッケージのデザインは
ヒカルが作り

真空包装や
薬味の段取り
容器に詰める作業は
みんなで分担してつくりあげた商品

そう、ヒカルだけじゃない
スタッフみんなのなじみの賄い飯であり
みんな大好きな漬け丼

それが商品になっていく過程も楽しい

自信をもってお勧めできるものを
作っていく楽しさは
やってるものにしかあじわえない特権

私が商品開発に
みんなの尻を叩いたわけでもないのに
アイデアが出てくるし
形になっていく

もしかしたら
うちの商品の一番のファンは
店のスタッフたちなんじゃない⁈

ということは

たくさんの人を
喜ばせたかったら

むつかしく考えんでも
店のスタッフが喜ぶものを
作ればいいだけなのかもしれない

しかし付け加えておきます

私の作る料理を
誰よりも愛しているのは私です!

それはこの太った体が証明してますから







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ページトップボタン