お問い合わせ

0846-45-2548

往復1300Kのランチはただの奇行ではない①

事の発端は宮崎県人の一言

売り出し中の「チキン南蛮弁当」は
じわじわ人気がでてきてます

タレもタルタルソースも
私のオリジナルの
手作りチキン南蛮弁当

お客さんからの反響も良く
売れ行きもあがっています

店の賄いでも人気の一品!

なんですが
ふいに言われました

「ちなみになんですが、
大浦さんは宮崎の本場の
チキン南蛮を
食べたことがありますか?」

そう言ってきたのは
宮崎県出身のH氏で
ニュースレターの担当者

正直そんなこと知りませんでした、、

それを
そんなことも知らないで
チキン南蛮を語るなよ、、

そう馬鹿にされた気がして
カチンときました

宮崎県人の誇りなのでしょうが
うちのチキン南蛮食べたことないじゃろ!!

そう反論したくもなりましたが
実際私はその元祖の
チキン南蛮を知りませんから
何も言えない、、

ほっといてもいいんじゃけど
なんか無性に気になって
食べずにはいられんようになって
食べに行くことを決心しました!

遠すぎじゃろ

しかしそこは宮崎県
片道578km
車で約8時間
ランチで行くには遠すぎですね

しかし、ただランチに行くわけじゃないし
チキン南蛮のクオリティを
上げることにつながれば
お客さんのためにもなるし

もし、たいしたことなくても
それはそれで納得できるじゃろう

そう思い
火曜の夜に安芸津を出発しました!

ちなみに当然電車でも行けますが
4,5回も乗り換えが必要で
朝出て夜までに帰れる自信がなかったこと
交通費が4万円以上かかることから
車で行くことにしました

フグの下関
もつ鍋の福岡
温泉の別府

それらをスルーしながらの
宮崎のチキン南蛮

面白いじゃないですか
H氏に小ばかにされなければ
絶対に行ってないね

おかげさまでの参拝

しかし長距離運転
道中仮眠をとりながらの旅
18:30に安芸津を出て
宮崎入りしたのが7:30

何ともおどろおどろしい看板

かつて人が住んでいた的な雰囲気ですが

高千穂の山道から
宮崎入りしまして

実はせっかくの宮崎だから
どこか他によるところはないか
探していました

そこで友人に勧められた
「天岩戸東本宮」
まずこちらに立ち寄りました

前日からの強風で
道中も境内も
落ち葉で大変なことになってましたが
誰もいない早朝の本殿は
静かで心が落ち着き
旅の疲れもどこかに

ここに参らせていただいたのも
チキン南蛮でありH氏の一言

その時にはカチンときましたが
むしろ感謝の気持ちになりました

御祭神の天照大御神様に
呼んでいただいたのかもしれません

さて少し遠回りをしましたので
こちらから宮崎市の目的地
チキン南蛮発祥の地
「おぐら本店」までは車で2時間

どんなチキン南蛮が待っていたのか

それはまた明日のブログで


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ページトップボタン